投稿日:

まだ元気だから大丈夫!?早めに準備しておく事も大事です。

相続に関しては元気な内に!

うちは財産なんてないからと思っていても家を所有していたり、貯金があると財産相続になります。まだまだ若いし心配しなくていいや病気なわけじゃないしなんて考えていて相続に関して準備していないと後悔する事も!いつ事故にあうかもわからないし、人生は何があるかわかりません。なんだか相続の話っていいにくいと思っている方もいるでしょう。そんな方は正月やお盆など親族で集まる機会に、さりげなく相続についての話をだしてみるのがいいですね。

相続には遺言書は大事!

元気な内にだれに相続させるのかきっちり決めておいたほうがいいでしょう。そうでないともし万が一があった時に、誰に相続させたかったのかがわからず、相続できる方全員が相続する事になってしまいます。それでもいいならいいかもしれませんが、例えば家を継いだ長男にだけ相続させたいとか、家は長男に貯金はその他の兄弟均等に分けたいなど、財産を持つ人にはそれぞれ想いがあるかもしれません。ですので、元気な内に遺言書を書いておく事が重要になります。

相続したらどうすればいい?

財産を相続するとかかってくる税金があります。それは相続税です。相続税は支払い期限が早いので税金に対しても知識をもつ必要があります。相続税を減額できる場合もあります。自分ではよくわからなっかたりするので、相続した人は早めに税理士に相談した方がいいでしょう。税金に関してのプロなので、素人が独自で調べて対策するよりも、適切に税金対策を行ってくれます。せっかく贈与された財産です。少しでも支払う税金は抑えたいですよね。

遺産相続などの相続は、多額の税金が掛かってしまう事も少なくありません。そのため、相続の申告を税理士に任せることで、必要な税金などを理解して相続することができます。

投稿日:

ただ働くだけではなく、働き方が大事です?

働く環境について考えてみよう

普通に仕事をしています。朝は、何時に出勤し、帰りは、何時に帰社する。そんな生活の繰り返しということが多いのではないでしょうか。ただ、義務感だけが多くを占め、何の喜びも感じない、そんなときも多々あるのではないでしょうか。決められたことに、ただ沿って働く、そしてお給料をいただくという、そんな、労働生活を送っている人も多くいると思います。働く環境は、自分たちで作っていくもの、という積極的な意思で働くとなると、意識も変わってきます。

就業規則が、面白いです。

働く環境を考えるうえで、就業規則の存在は大きいです。自分の勤める会社の、就業規則を知っていますか。意外と、存在すらも知らず、よく、読んだこともなく働いている方は多いのではないでしょうか。その勤務先での、様々な取り決めの中に、普段考えがたいような面白い内容が含まれている場合があります。漫然と働かなくてもよい環境であることが、就業規則の中にヒントがあります。そしてそれは、その勤務先で働く方々のものであり、作るのも、働く方々が主体です。

就業規則の相談・作成・診断は社会保険労務士へ

就業規則を専門に扱う、士業の専門家は社会保険労務士です。その名の通り、社会保険や労務を専門に扱います。労務分野である就業規則の相談・作成も扱っています。労働者のための法律である労働基準法等にのっとって、具体的に勤務先の会社等の特殊性に合わせて就業規則の相談や、作成等を行っていただけます。一度は、相談してみる価値があります。また、働く環境の労務診断も、第三者的な視点も取り込みながら、冷静に、働く人々の立場にも立ち、アドバイスいただけます。

社会保険労務士の就業規則作成料金標準価格は10万円~30万円です。「とりあえず就業規則がほしい」というような簡易的な就業規則作成の場合、10万円以下で依頼を受ける事務所もあります。

投稿日:

カードローンは、返済方法を理解して賢く利用しよう!

返済の必要性と一括払いについて

急にお金が必要になった時すぐに借りる事が出来るカードローンは強い味方ですが、借りたお金は必ず返済する義務があります。その為返済の事を考えない無計画な借り入れではなく、しっかりとした返済シミュレーションを持って借りる事が大切なのです。カードローンの返済方法は大きく分けて3つあり、その1つ目は一括払いです。一括払いとは借りた額全額を翌月の支払い日に返済する方法で、比較的安価な手数料で借りれる事がメリットです。

分割払いの方法とメリットについて

2つ目の返済方法は分割払いで、借入額を返済回数で割った金額を毎月支払う方法です。分割払いは月に支払う金額が一括払いに比べ小額で済む上、返済額を把握しやすいメリットがあります。この返済回数は最初に自分で決める事が出来るのですが、基本的に後からの変更は不可能です。万が一返済が難しい場合は、新たに借り入れてそのお金を返済に回す事が出来ます。新たな借入額の返済方法は、また自分で決める事が出来るので上手に利用すると良いです。

リボ払いの方法とメリットについて

3つ目はリボ払いで、毎月決まった返済額を支払う方法です。分割払いとの違いは分割払いが返済回数で割った返済額だったのに対し、リボ払いは月の返済額を最初に決めておけば返済回数は決めなくてもよい点です。例として一ヶ月1万円の返済額にリボ払いを設定したら、月々10万円の買い物をしても支払いは1万円で済むという事です。その為どんなに使っても手元に現金が残りやすい上、支払いの管理が毎月簡単に出来る事がメリットです。

カードローンの比較をすることで、初めて借入先を選ぶうえで、貸付金利や手数料などを考慮しつつ、具体的な返済計画を立てやすいというメリットがあります。

投稿日:

信用取引ってどんな取引なの?どうやれば取引できるの?

信用取引とは資金や株を借りて行う取引

証券ニュースなどを見ているとよく「信用取引」という言葉を耳にしますが、実際にどのような取引かわからないという人が大半でしょう。信用取引とは証券取引所や証券会社から資金や株を借り、それを元手に株式運用する取引のことです。言ってみれば、証券会社などから借金をして株の取引を行うものですが、やはり普通一般の感覚からすると、どうしても「借金してまで株取引したいとは思わない」として敬遠されてしまいがちです。

信用取引には現物取引には無い大きなメリットがある!

しかし信用取引には、株を買って売る現物取引には無いような独自のメリットがあります。まず、自分の資金以上の取引が行えるという点です。証券取引における利益は、資金の多寡に比例します。つまり、より大きい規模の取引が行えるというのは、それだけで大きなメリットと言えます。また、信用取引では手元に株がある状態から開始できるため、売りからのエントリーが可能になるという点も大きなメリットです。こうした売りから始める取引のことを「空売り」と呼びますが、これを行えることが信用取引の大きな魅力と言っても過言ではないでしょう。

信用取引ってすぐに始められるの?

信用取引をするためには、専用の口座を開いて、取引の元手となる委託証拠金を入金すれば行うことができます。しかし大きく儲けられる反面、損失も拡大しやすい取引であるため、投資家の資産を防衛する観点から、信用取引をするに当たっては一定の経験が求められます。多くの証券会社では信用取引の専用口座を開くに当たって、一定期間の現物取引を行った実績が求められるため、株を始めたばかりの初心者では信用取引を行うことができないようになっています。

信用取引では、自分を信用してもらい、もっているお金以上の取引ができ、株価下落時にも利益をだすことができます。