投稿日:

信用取引ってどんな取引なの?どうやれば取引できるの?

信用取引とは資金や株を借りて行う取引

証券ニュースなどを見ているとよく「信用取引」という言葉を耳にしますが、実際にどのような取引かわからないという人が大半でしょう。信用取引とは証券取引所や証券会社から資金や株を借り、それを元手に株式運用する取引のことです。言ってみれば、証券会社などから借金をして株の取引を行うものですが、やはり普通一般の感覚からすると、どうしても「借金してまで株取引したいとは思わない」として敬遠されてしまいがちです。

信用取引には現物取引には無い大きなメリットがある!

しかし信用取引には、株を買って売る現物取引には無いような独自のメリットがあります。まず、自分の資金以上の取引が行えるという点です。証券取引における利益は、資金の多寡に比例します。つまり、より大きい規模の取引が行えるというのは、それだけで大きなメリットと言えます。また、信用取引では手元に株がある状態から開始できるため、売りからのエントリーが可能になるという点も大きなメリットです。こうした売りから始める取引のことを「空売り」と呼びますが、これを行えることが信用取引の大きな魅力と言っても過言ではないでしょう。

信用取引ってすぐに始められるの?

信用取引をするためには、専用の口座を開いて、取引の元手となる委託証拠金を入金すれば行うことができます。しかし大きく儲けられる反面、損失も拡大しやすい取引であるため、投資家の資産を防衛する観点から、信用取引をするに当たっては一定の経験が求められます。多くの証券会社では信用取引の専用口座を開くに当たって、一定期間の現物取引を行った実績が求められるため、株を始めたばかりの初心者では信用取引を行うことができないようになっています。

信用取引では、自分を信用してもらい、もっているお金以上の取引ができ、株価下落時にも利益をだすことができます。