投稿日:

ただ働くだけではなく、働き方が大事です?

働く環境について考えてみよう

普通に仕事をしています。朝は、何時に出勤し、帰りは、何時に帰社する。そんな生活の繰り返しということが多いのではないでしょうか。ただ、義務感だけが多くを占め、何の喜びも感じない、そんなときも多々あるのではないでしょうか。決められたことに、ただ沿って働く、そしてお給料をいただくという、そんな、労働生活を送っている人も多くいると思います。働く環境は、自分たちで作っていくもの、という積極的な意思で働くとなると、意識も変わってきます。

就業規則が、面白いです。

働く環境を考えるうえで、就業規則の存在は大きいです。自分の勤める会社の、就業規則を知っていますか。意外と、存在すらも知らず、よく、読んだこともなく働いている方は多いのではないでしょうか。その勤務先での、様々な取り決めの中に、普段考えがたいような面白い内容が含まれている場合があります。漫然と働かなくてもよい環境であることが、就業規則の中にヒントがあります。そしてそれは、その勤務先で働く方々のものであり、作るのも、働く方々が主体です。

就業規則の相談・作成・診断は社会保険労務士へ

就業規則を専門に扱う、士業の専門家は社会保険労務士です。その名の通り、社会保険や労務を専門に扱います。労務分野である就業規則の相談・作成も扱っています。労働者のための法律である労働基準法等にのっとって、具体的に勤務先の会社等の特殊性に合わせて就業規則の相談や、作成等を行っていただけます。一度は、相談してみる価値があります。また、働く環境の労務診断も、第三者的な視点も取り込みながら、冷静に、働く人々の立場にも立ち、アドバイスいただけます。

社会保険労務士の就業規則作成料金標準価格は10万円~30万円です。「とりあえず就業規則がほしい」というような簡易的な就業規則作成の場合、10万円以下で依頼を受ける事務所もあります。