投稿日:

まだ元気だから大丈夫!?早めに準備しておく事も大事です。

相続に関しては元気な内に!

うちは財産なんてないからと思っていても家を所有していたり、貯金があると財産相続になります。まだまだ若いし心配しなくていいや病気なわけじゃないしなんて考えていて相続に関して準備していないと後悔する事も!いつ事故にあうかもわからないし、人生は何があるかわかりません。なんだか相続の話っていいにくいと思っている方もいるでしょう。そんな方は正月やお盆など親族で集まる機会に、さりげなく相続についての話をだしてみるのがいいですね。

相続には遺言書は大事!

元気な内にだれに相続させるのかきっちり決めておいたほうがいいでしょう。そうでないともし万が一があった時に、誰に相続させたかったのかがわからず、相続できる方全員が相続する事になってしまいます。それでもいいならいいかもしれませんが、例えば家を継いだ長男にだけ相続させたいとか、家は長男に貯金はその他の兄弟均等に分けたいなど、財産を持つ人にはそれぞれ想いがあるかもしれません。ですので、元気な内に遺言書を書いておく事が重要になります。

相続したらどうすればいい?

財産を相続するとかかってくる税金があります。それは相続税です。相続税は支払い期限が早いので税金に対しても知識をもつ必要があります。相続税を減額できる場合もあります。自分ではよくわからなっかたりするので、相続した人は早めに税理士に相談した方がいいでしょう。税金に関してのプロなので、素人が独自で調べて対策するよりも、適切に税金対策を行ってくれます。せっかく贈与された財産です。少しでも支払う税金は抑えたいですよね。

遺産相続などの相続は、多額の税金が掛かってしまう事も少なくありません。そのため、相続の申告を税理士に任せることで、必要な税金などを理解して相続することができます。