投稿日:

デザイン系専門学校の大学に負けないポイントと魅力

実践的なスキルが身につけられる!

大学と専門学校はよく比較対象になりますが、それぞれ独自の魅力や特徴があるのでより自分にあった進路を選ぶ事が重要ですよ。デザイン関係の専門学校は大学に比べ、よりプロの現場に近い実践的なスキルが身に付きやすい特徴があります。もちろん講義などの座学もありますが、実習メインのレッスンが多いので、即戦力となるスキルを重視して学びたい方は専門学校がオススメです。就職活動でも即戦力を重視する業界では有利になる事が多いですよ。

産官学共同プロジェクトが豊富!

続いては実践的プロジェクトの内容です。企業や研究機関が合同で研究や開発をする産官学共同プロジェクトは、大学や大学院のゼミでも行っていますが、専門学校ではより幅広く、大きな企業でなくても行っている場合があるのでオススメです。デザイン系の業界は就職活動の際にポートフォリオを提出しますが、産官学共同プロジェクトの成果を載せる事でポートフォリオがより効果的になりますよ。実際にそのプロジェクトの提案が商品化されたりイベントで自分のアイデアが採用される機会もあります。

プロの現場に近い講師陣が多い!

講師陣のラインナップにも違いがあります。大学の教授や講師陣の中にはプロの現場を経験し業界に精通している方もいますが、教育機関出身の研究者も多いですよね。一方、専門学校は学校が率先して現場に近いプロの講師を集めている場合が多いため、より最新の業界に精通する講師と出会える可能性が高まります。このように、専門学校独自の魅力と特徴があるので、将来自分がどのような業界でどのように活躍したいのかや、何を学びたいかを良く考えて選ぶ事が大切ですよ。

昔と違って家庭用ゲーム機やソフトは売れていませんが、スマートフォンのゲームやアプリは凄い人気があるのでゲームの専門学校は今も人気があります。