投稿日:

申し込みをする前にチェック!クレジットカードの審査基準

定期的で安定した収入があるかどうか

クレジットカードを作るときには、審査を受ける必要があります。クレジットカード会社によってその審査の厳しさや基準はまちまちですが、まず定期的かつ安定した収入源がなければ話になりません。たとえば数年に一度大きなお金が入ってくるというような仕事をしている場合は、審査にパスするのは難しくなります。逆に毎月決まった額の収入がある公務員などは、審査には合格しやすいと言えるでしょう。勤務先の情報も提示しなければなりませんから、ごまかすことも難しいです。

他社で重いローンを抱えていないかどうか

他社のカードローンを契約していたり、自動車ローンや住宅ローンですでに借金をしている場合には、契約をするに当たって不利になるケースも見受けられます。これらの負担によって、その人の安定的な収入が削られてしまうことが考えられるからです。もしもクレジットカードの審査を受けるつもりなら、その前にローンは完済させておくのが望ましいですね。負担がない状態で申し込みをすれば、カードが作れる可能性は大幅にアップします。

年齢も重要な審査ポイントになります

近年は高齢化が進んでいます。あまりにも年齢が高い場合には、審査に合格できないこともあるので気をつけましょう。クレジットカードは、若いうちに作っておくべきだと言えますね。年齢が高くなれば、契約がしにくくなりますし、カードがないと生活が不便になります。特にネットショッピングを頻繁に使う人は、可能な限り早い段階でカードを作成しておくことが望ましいです。クレジットカードがあるかないかで、ネットショッピングの利便性も変わってくるからです。

クレジットカードには一般的にゴールドカードやプラチナカードなどの種類があります。種類の違いだけて、支払い可能金額が高まるだけでなく、上位等級にはステイタスが得られます。