投稿日:

新しいタイプの投資手法?ファンドラップが人気なのには理由があった

ファンドラップはリスクが比較的低いので人気

ファンドラップというのは、ラップ口座を作ってそこにお金を入れておけば、その資金を証券会社が投資に使ってくれるサービスのことです。基本的に運用はファンドにて行います。ファンドというのは日本語で言えば投資信託のことです。投資信託は、個別株とは違って分散投資が効いているため、リスクの軽減に役立つものです。個別株のように倒産をして価値がゼロになるということは基本考えられません。ですから低リスクな投資をしたいという人にも便利に使われています。

売買手数料が基本的にはかからないのが魅力

ファンドラップでは、銘柄の売買は証券会社が行ってくれます。自分で売買をしなくていいので、基本的には売買手数料がかかりません。これは大変大きいメリットになります。売買手数料は少額なら無視できないリスクになります。これをゼロにできるのは大きいですね。ある程度のお金が溜まるまではファンドラップで投資を進めていくというのは、正しい選択になる可能性が大です。ただ、売買手数料の代わりにファンドラップには個別の運用手数料がかかります。その点には注意が必要でしょう。

知識がなくても適切に資産運用ができる

証券会社に口座を作っても、株や債券についての知識がないと、有効な投資はできません。また、最近では世界経済についての知識も求められます。知識がないと、お金を増やそうと思っても逆に損にしかならないケースがあるのです。分からないまま投資をするのは危険ですね。ですが、そういった人たちでもファンドラップを使えば、有効に投資が進めていけます。ファンドラップにおいては、投資の専門家が適切に自分に代わって資産運用をしてくれるからです。

ファンドの会社を効果的に活用することで、株式投資に関する知識の有無にかかわらず、魅力ある投資先を選ぶことが可能です。