投稿日:

株を買う際の手数料は証券会社によって違うがイベントで無料になる証券会社もある

株取引はイベントで売買手数料が無料になることも

会社生誕100周年などのように、珍しいイベントがある証券会社は、その当日だけ売買手数料が無料になることがあります。その証券会社に口座を持っていれば、事前に何らかの情報がメールなどで送られてくるはずですね。滅多にないイベントですが、デイトレーダーのように頻繁に売買する人にとってはお得なイベントです。欲しい銘柄がその時に丁度希望価格だった時は好機と言えますね。ですが、次の日になれば手数料は元の状態に戻るため気をつけましょう。

対面型の証券会社は手数料は割高だがメリットが多い

対面型の証券会社の手数料は、注文した時の値段が100万なら1万円ほどかかります。割高と感じるかもしれないですが、証券マンが直接家にやってきて株の話をしてくれるなど、色々なメリットもありますよ。また、普段は仕事をしていて毎日が忙しい人は、株の画面を見ることはできないです。証券マンなら、代わりに気になっている銘柄などを常にチェックしてくれますよ。頻繁に売買をせず、買ってじっくりと値上がりを待つタイプの人に向いているかもしれないです。

ネット証券は手数料は安いが情報は自力で探すことに

ネット証券は手数料は安いですが、銘柄などの情報は全て自力で探す必要があります。情報を入手するために必要なツールもいくつかありますが、適切なアドバイスなどをしてくれる人はいないので、全て自己判断になりますね。ただ、プロ顔負けとも言える銘柄が表示されたボードも利用できるため、慣れればプロの投資家になれる可能性もあります。手数料が安いので、短期の回転売買を何度も繰り返すことができるのが最大の魅力ですね。

取引を開始する時には、やはり株の信用取引の金利にも目を向けるべきです。その後の運用にも大きな影響が出るからです。

投稿日:

信用取引の金利がポイント!証券会社の選び方

証券会社は2つのタイプに大別出来ます

現在の日本には多くの証券会社があるため、どの口座がベストなのか悩んでしまうのが実状です。まず証券会社は対面型とネット専業型のふたつに大別出来ます。対面型はインターネット時代が来る前から存在しており、実店舗の窓口に行くことで株式を購入出来ます。ネット専業型は近年登場したばかりですが、多くの個人投資家はこちらを選んでいるんですよ。何故なら対面型に比べ、現物や信用取引いずれにおいても金利や手数料が安くて有利だからです。

ネット証券会社の信用取引に伴う金利差を知ろう

多くの個人投資家が、金利や手数料の安さで選んでいるネット証券会社ですが、当然その額は全社一律というわけではありません。たとえば手数料は約定代金が多くなるほど安くなるタイプもあれば300万円以下まで一律無料というタイプまで様々です。そして大切なのが信用買いに伴う金利の違いです。信用取引は証券会社と顧客間の同意に基づく制度型と、取引所が銘柄を決めている一般型のふたつに分けられ、その金利はそれぞれ異なります。制度信用取引における金利は約1%から3%までと幅広く、一般のそれは約2%から4%と高い水準でまとまっています。信用取引における金利の違いは証券会社を選ぶ上で重要なポイントになるので、出来るだけ金利が安いところを選ぶようにしましょう。

金利とトレード手法の関係を理解しよう

信用取引は制度と一般の2種類ありますが、基本的に制度側の方が金利は低水準です。しかし制度信用取引を取り扱っていない証券会社も存在します。ですから、基本的に証券会社を選ぶ際は制度側を取り扱っており、尚且つその金利が安いかどうかが重要になります。ただしその前に自分の得意とするトレード手法との相性に留意しておきましょう。たとえばデイトレが得意なのであれば1日単位の誤差に近い金利差よりも、手数料の違いの方が重要になることがあります。長期保有による運用がメインであるなら、当然金利は0.1%差にもこだわるべきです。いずれにせよ、単に金利だけで選んでは証券会社のミスマッチが生じる場合もあるので気を付けましょう。

株式の信用取引の金利とは、買い建玉、売り建玉を建てる際にかかる金利のことです。金利は、証券会社によって異なります。建玉期間に比例してコストにも差が出てくるので、金利は低い方がいいです。

投稿日:

新しいタイプの投資手法?ファンドラップが人気なのには理由があった

ファンドラップはリスクが比較的低いので人気

ファンドラップというのは、ラップ口座を作ってそこにお金を入れておけば、その資金を証券会社が投資に使ってくれるサービスのことです。基本的に運用はファンドにて行います。ファンドというのは日本語で言えば投資信託のことです。投資信託は、個別株とは違って分散投資が効いているため、リスクの軽減に役立つものです。個別株のように倒産をして価値がゼロになるということは基本考えられません。ですから低リスクな投資をしたいという人にも便利に使われています。

売買手数料が基本的にはかからないのが魅力

ファンドラップでは、銘柄の売買は証券会社が行ってくれます。自分で売買をしなくていいので、基本的には売買手数料がかかりません。これは大変大きいメリットになります。売買手数料は少額なら無視できないリスクになります。これをゼロにできるのは大きいですね。ある程度のお金が溜まるまではファンドラップで投資を進めていくというのは、正しい選択になる可能性が大です。ただ、売買手数料の代わりにファンドラップには個別の運用手数料がかかります。その点には注意が必要でしょう。

知識がなくても適切に資産運用ができる

証券会社に口座を作っても、株や債券についての知識がないと、有効な投資はできません。また、最近では世界経済についての知識も求められます。知識がないと、お金を増やそうと思っても逆に損にしかならないケースがあるのです。分からないまま投資をするのは危険ですね。ですが、そういった人たちでもファンドラップを使えば、有効に投資が進めていけます。ファンドラップにおいては、投資の専門家が適切に自分に代わって資産運用をしてくれるからです。

ファンドの会社を効果的に活用することで、株式投資に関する知識の有無にかかわらず、魅力ある投資先を選ぶことが可能です。

投稿日:

これで誰でも成功できる!投資ファンドの正しい選定法3点

まずは自分の投資家としての性向を知ろう

投資ファンドを選ぶ前にまず必要となるのが、自分自身がどのような性向の持ち主なのか把握することです。たとえば堅実型なのか、危険を顧みず大きなリターンを求めるタイプなのか見極めましょう。人間は自分自身のことを意外と知らない生き物なので、この投資性向確認作業はとても大切です。自分がどのようなタイプの投資家なのかがある程度分かったら、大まかなファンド選定に入ります。その際、ファイナンシャルプランナーなどの専門家の意見を仰ぐことも有効ですが、最初に自分自身のことが分かっていれば言いなりになってしまうことなく、情報の取捨選択も容易となるでしょう。

手数料の高いファンドは避けるようにしよう

自分のリスク許容度に応じた大まかなファンド選定が終わったら具体的な絞り込みに入りますが、その際に気を付けるべきが手数料です。運用成績が良いファンドであっても、手数料が高いと長期的には大したリターンは見込めません。手数料は何種類かありますが、この中で特に気を付けたいのが信託報酬です。一概には言えませんが、この信託報酬が年間1%を越えるファンドは避けた方が無難でしょう。その際、多くのファンドが選択対象から消えることになりますが問題ありません。ファンドの数は何千本もあるのですから。

分配金に執着しないようにしよう

近年は毎月一定の分配金が貰える投資ファンドが人気です。コツコツとお金を貯めることが好きな日本人の性向にマッチしていることがその理由ですが、長期的な観点で見ると選ぶべきではありません。何故なら、手数料が平均して1%以上発生してしまいますし、毎月無駄な税金が掛かってしまうからです。年間利益を犠牲にしてまで分配型投資ファンドを多く組み入れるくらいなら、資産ポートフォリオにおけるキャッシュの割合を増やし、そこから毎月必要なお金を取り出すようにしましょう。分配型投資ファンドは証券会社にとって旨みのある金融商品です。ですから分配型ばかり強く推す証券会社や専門家には疑いの目を持ちましょう。

投資とファンドを行うに当たっての最初の一歩は、やはり銘柄選びにつきます。その後の運用成績に大きく関わるからです。

投稿日:

jリートで始める不動産投資信託で資産運用

投資信託の一種のjリート

株とは違った投資方法が出来る点から、投資信託が近年投資初心者を中心に人気となっています。ファンドが投資家から資金を集め、様々な投資先へ投資を行う点から、一つの商品で分散投資が出来、かつ毎月数千円から購入が可能です。そんな投資信託商品の中でも不動産に特化している商品をjリートと呼ばれています。不動産を購入するとなると、数千万円程度必要となりますが、jリートを購入する事で数千円から不動産投資が可能となっています。

不動産にも様々な種類が

不動産には実は様々な種類が存在し、オフィスビルから、商業施設、近年はホテルに特化した商品も登場しています。分散投資をしたい人は、様々な不動産が組み込まれた商品を選択し、商業施設等特化した商品を希望する場合は特化型投資信託を選択する事が出来ます。証券会社の検索ツールで簡単に検索する事が出来ますので、非常に数が多い投資信託の中から希望のjリートを見つける事が可能です。次々と新しい商品も登場していますので、新商品に注目した投資もお勧めです。

jリートは毎月定額投資が可能

投資信託は少額から購入が出来ますが、毎月定額での購入も可能です。毎月決まった日にちに決まった額の購入を設定しておく事で、毎回購入の手続きをする必要がありません。この投資方法はドルコスト平均法と呼ばれており、毎月値動きがある中で、決まった金額を購入するため、安い時には多くの口数購入ができ、価格が高い時は口数を少なく購入する投資手法の一種です。リスクヘッジをしながらの投資が可能なjリートですので、まずは気になる不動産が組み込まれた商品から運用を始めてみると良いでしょう。

j リートのファンドの使い方をマスターすることで、投資性の高い不動産をスムーズに見極めることが可能となります。

投稿日:

基本中の基本!?ネットで株をやったことがない人へのアドバイス

初心者はまずネット証券会社で口座を作ろう

ネットで株取引を始めてみようという人は非常に多くなってきましたね。初心者はだいたいネット証券会社を使うことになるはずです。ネット証券会社なら、店頭に行かなくても口座が作れてしまいますし、手数料の額も大変低くなっていてお得です。リアルタイムで取引ができるのは当然ですが、銀行との連携も取りやすいケースがあります。ほぼワンタッチで入出金が出来たりと、便利なことこの上ないです。株取引をする前には、口座がなければ話になりませんから、まずは気に入ったネット証券会社に口座開設の申し込みをしましょう。

最初はファンドから始めるのがいい

ネット証券会社で口座を持つことができたなら、最初はファンドから買っていくといいでしょう。なぜなら、ファンドは初心者向きの商品だからです。分散投資ができているという点も大きいですし、最低購入価格が低いという点も魅力です。失敗をしにくいですし、個別株のようにその会社について熟知しておく必要もありません。難しい勉強をしなくても有効に投資ができるということで、まずはファンドを買って、慣れてから個別株に行くのがいいでしょう。

ファンドはランキング上位のものがオススメ

さらに言えば、ファンドを購入するときには、可能な限りランキング上位のものから選んでいくといいでしょう。ランキング上位のものは、それだけ人気があるわけですから、時価総額も大きくなる傾向が高いです。出来高も高いですし、最悪なくなってしまう可能性もかなり低く抑えられるわけです。人気の薄いファンドは、いつ繰り上げ償還されるかも分かりません。人気の薄い商品はそれだけ魅力がないということでもありますから、ランキングには要注意ですね。

ファンドのランキングの順位に着目をすることで、初心者にとってスピーディーに投資先を見つけることが可能となります。

投稿日:

申し込みをする前にチェック!クレジットカードの審査基準

定期的で安定した収入があるかどうか

クレジットカードを作るときには、審査を受ける必要があります。クレジットカード会社によってその審査の厳しさや基準はまちまちですが、まず定期的かつ安定した収入源がなければ話になりません。たとえば数年に一度大きなお金が入ってくるというような仕事をしている場合は、審査にパスするのは難しくなります。逆に毎月決まった額の収入がある公務員などは、審査には合格しやすいと言えるでしょう。勤務先の情報も提示しなければなりませんから、ごまかすことも難しいです。

他社で重いローンを抱えていないかどうか

他社のカードローンを契約していたり、自動車ローンや住宅ローンですでに借金をしている場合には、契約をするに当たって不利になるケースも見受けられます。これらの負担によって、その人の安定的な収入が削られてしまうことが考えられるからです。もしもクレジットカードの審査を受けるつもりなら、その前にローンは完済させておくのが望ましいですね。負担がない状態で申し込みをすれば、カードが作れる可能性は大幅にアップします。

年齢も重要な審査ポイントになります

近年は高齢化が進んでいます。あまりにも年齢が高い場合には、審査に合格できないこともあるので気をつけましょう。クレジットカードは、若いうちに作っておくべきだと言えますね。年齢が高くなれば、契約がしにくくなりますし、カードがないと生活が不便になります。特にネットショッピングを頻繁に使う人は、可能な限り早い段階でカードを作成しておくことが望ましいです。クレジットカードがあるかないかで、ネットショッピングの利便性も変わってくるからです。

クレジットカードには一般的にゴールドカードやプラチナカードなどの種類があります。種類の違いだけて、支払い可能金額が高まるだけでなく、上位等級にはステイタスが得られます。

投稿日:

パソコン教室に通う時に見ると良いちょっとしたポイントとは!?

学習する時のパソコンのosに注意

パソコンを学びたい時にはパソコンはとても便利になってきますが、これから学校やスクール選びをする時には、パソコンのosは良く見ていくと良いですよ。パソコンにはオペレーティングシステムと呼ばれる、パソコンを動かすための基本のソフトが入っていますが、そのバージョンが新しければ新しいほど将来的に操作が分からなくて使えないということが少なくなってきます。古いosが入っているパソコンで勉強すると、新しいosが入っているパソコンを触った時に使い方や操作がわからなくなる人も結構いるんですよ。

何を学べるかしっかり見る

また、パソコン教室に申し込む時には、そこで何を学べるかしっかり見て行きましょう。基本の操作を学べると謳っている学校でも、メールの使い方からインターネットの使い方を学べるものから、ビジネスで良く使われる表計算ソフト等の使い方を中心に学べるものなど様々です。その点をしっかり抑えておかないと、本当に学びたいことが学べなかったという事態になってしまいます。パソコン教室もタダの所は少ないので、お金を無駄にすることが無いようにそこは見ておくことが大事ですよ。

人気のネット授業でラクラク学習

また、パソコン教室も最近は格段に進化しており、ネットを使った授業などは人気が出ています。従来型の学校に通う方法だと、色々と時間が合わないという方もいます。ですが、ネットで授業が受けられる所だと、時間の融通がかなり効いてきて、社会人や忙しい学生の方でも無理なく学習が出来ます。さらに受講料金もネットの授業を行っている所は安くなっている傾向にあるので、学習するためのコストも節約していきたい方にもそれは人気がありますよ。

パソコン教室では、パソコンの電源の入れ方、マウス操作、キーボード入力などの基本操作から、ビジネス文書や図表の作成など幅広く学習できます。

投稿日:

ネット決済にとっても便利!クレジットカードのメリット

簡単にお金を支払うことができる

クレジットカードは実店舗で使っても大いに利便性を発揮できる決済方法ですが、その利便性はインターネットでも変わりありません。むしろインターネット通販の場合は、クレジットカードの方が利用がし易いっといった事もあるほどです。他にもネットオークション、サーバーのレンタルなど、クレジットカードがあると利用がしやすくなるといったサービスはたくさんあります。場合によってはクレジットカードで支払うと送料が安くなりますよ。

クレジットカードでのみ使えるサービスも

通販サイト、ネットオークション等で物を売りたいといった時に気を付けたいのが送る方法です。郵送方法によって送料が大きく変わるので、比較して決めたほうがお得なのです。そしてここでもクレジットカードが役立ちます。なぜならクレジットカードでのみ使える配送業者が多数存在しているからです。送る物品の大きさによって配送サービスを買えたほうがコスト面においてはお得なので、利用できる配送業者を増やすためにもクレジットカードは必要といえますね。

一度でも買い物をすれば後は自由に

買い手視点でもクレジットカードがあるとネットでショッピングがしやすくなります。単純にお金を振り込む手間が省けますし、一度クレジット番号を入力すれば、その後は入力不要になるサービスも多いです。会員登録時のクレジット番号を入力できる場合もあり、その場合は決済方法を選択するだけでクレジットカードでの支払いが可能となります。大型のオンラインショップの場合、商品次第ではクレジットカードでしか買えない物もありますよ。

公共料金の支払いなどを代わりに行う決済代行。コンビニなどで気軽に行えますが、請け負う店舗側は顧客と取扱会社との間を受け持つ役割を持つため、決して間違いのないようにしなければなりません。